Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://riverside9.blog45.fc2.com/tb.php/260-93bbc7c7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

( ゚∀゚)o彡゜

祖母の話をします。


私が専門学校に入った年の、冬の出来事でした。

病院で治療中の祖母が亡くなったのです。
小さい頃からいつも家に居るのが当たり前で、家に帰れば必ずおかえり。
どんな時でもにこにこ笑っていた優しい祖母。

寒い寒い早朝、病院からの電話を受けた父親に祖母が危ないと起こされました。
寝起きのまま上着だけを羽織り家族みんなが階段を駆け下ります。

そのときふと、玄関に飾ってあったオルゴールがひとりでに鳴りました。

虫の知らせという言葉が過り嫌な空気が漂いました。

誰しも予想をしつつ否定していた現実。
しかし残念ながらこの時既に祖母は亡くなっていたのです。

ああ、虫の知らせって本当にあるんだなぁなんて思ったと同時になんだこの病院潰れろとか思いましたねw


そして虫の知らせを発端に、我が家では不思議な事が起きましたね。


まずお通夜ように祖母の写真を家族で探してテーブルに置いておいた時。
誰も触っていないのに写真が消えましたw
どこを探しても無いので、しょうがなく新しい写真を探します。
それがきっかけで現在の遺影となりました。超いい笑顔です。きっと祖母のお気に入りなんだと思いました。

ちなみに消えた写真の方は今も行方不明です。


それからお通夜。
お坊さんの周りを虫が舞うというハプニング発生。
親族が笑いを堪えるというなんともシュールな展開に。不謹慎!でもwww
偶然だろうけれども祖母のいたずらだと思っています。だって12月に虫って…


最後に。
これは現在進行形なのですが、命日や彼岸が近づいても誰もお墓参りに行けなかった場合。
母の枕元を祖母が歩くのだそうです。
見えるわけではなく、寝ていると布団が沈む感覚があるんだとか。寂しがりやさんだー^^




っていう不思議な話でした。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://riverside9.blog45.fc2.com/tb.php/260-93bbc7c7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

 

最新トラックバック

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。