Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://riverside9.blog45.fc2.com/tb.php/436-2f76750e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

perditus†paradisus

どうもknbnw!!

KNHEZiXYTH as 風邪です。
ええ、ひいてしまいましたね。残念なことに、風邪真っ只中でございます。

つまり、お題に行きましょう!!

「SS!!」
・・・なるほど。
では、続かせましょう。




それは突然だった・・・。

すのうまん「時は満ちた・・・、今こそ現世に裁きを与えん・・・。」
ころろ「え?」
よっすぃ「なにそれwww」

すのうまんの発言は、いつもの謎発言の一種だと思われた。
誰も驚かない。現によっすぃは未だ(本来さらちーの)DJ MAXに没頭中だ。

すのうまん「・・・刮目せよ!!これが・・・私の・・・真の姿だ!!!!」
よっすぃ「うわwwww」

辺りに響く轟音、これには流石のよっすぃも目を奪われた。
すのうまんの体が変色/変形していく。

グロテスクとしか言えないその行程に、事態を把握出来なかった。
或る一人を除いてはーーー。

さらちー「これは・・・魔共鳴・・・!!!!」
ころろ「ま、まきょーめー?」

不可思議な変色と変形を終えたすのうまんの姿はより不可思議だった。
2mをゆうに超えた身長、顔はもはやすのうまんのそれとは乖離していた。

すのうまん「フハハハハッ・・・」
さらちー「詳しい説明はあと・・・!!!」

そう言いながら、掌を広げるさらちー。
みるみる内に掌が赤く発光し、更にその光が束になって球体を作り出す。

すのうまん「・・・・む!!!」

さらちー「破ぁあああッッ!!」

赤い球体を怪異したすのうまんに放り投げた。
激突の瞬間、すのうまんは少し仰け反った・・・が、すぐに上体を起こした。

すのうまん「フハハハッッ!!!貴様、赤の一族か・・・?面白い・・・」
さらちー「くっ・・・やはりこの程度では効かないか。」

睨め付け合う常軌を逸した二人・・・。

よっすぃ「なんだよこれwwwやべえんだけどwwww」
ころろ「ホントなんなのこれ・・・夢なら早く醒めて・・・・」





よぉし、出来たぞ!!頑張った!!!!

何卒の一族!!!!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://riverside9.blog45.fc2.com/tb.php/436-2f76750e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

 

最新トラックバック

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。