Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://riverside9.blog45.fc2.com/tb.php/621-f6f0b4b1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

君のハートにロックオン

お題がないほうが実は却って苦しいんじゃないかな?
と、先々をほんのちょっぴり懸念しながら毎日を精一杯生きております。

あ、申し遅れました。
KNHEZiXYTH as ワシャワシャです。

お元気ですか?
だいぶ間が開いてしまいましたが、いい加減言わないとっていうことがあるので書きます。



「をどりうた」の表記に2点ほどミスがございました。

どちらもケース裏の表記で、どちらも2曲目に関してです。

まず楽曲タイトルが「εσσερα」となっておりますが、
正しくはτεσσερα」です。一文字目が抜けちゃってますね☆

もうひとつは原曲表記の欄、「厄神様の通り道 ~ Darc Road」とありますが、
「厄神様の通り道 ~ Dark Road」が正しいです。

タグ打ちなどをしていただいている皆様にはご迷惑をおかけしたかと存じます。
申し訳ございませぬ。

でも、おお、これはなんかおいしい!!とか思っております。

(☝ ՞ਊ ՞)☝



では、何を書きましょう。
この際、なにか一人で連載企画でもやってみようかな、とかね。

もしかしたら当ブログの方向性が先々決まるかもしれないので、
それまでの繋ぎ的な位置としても使えるかな的な題材でね。

決まりました。
「今まで自分が携わってきた曲を今になってまたコメントしてみる!」です。
長いので略して「今コメ」としますね。

ということで・・・「今コメ 第1回」です。

実は何年も前の自分の曲を聴くのってちょっぴり恥ずかしかったりするのですが、
そこらへんは割り切ってます(裏返せば成長しているってことですしね☆)。

また、恐らく全ての曲を一回は宣伝タイムの時に述べているので、内容が重複しちゃったりするものもありますが、そこらへんはアレです。

さて初回なので、まずは「Ousa'n Bass」、原曲は「お宇佐さまの素い幡」です。
東方ぱーぷるに収録されていますインスト楽曲でありんす。

ジャンルはタイトルからも分かるようにドラムンベース・・・を軸に創っていったよくわからない何かです。
静と動の入れ替わりが激しい楽曲となっていて、なんだかシンセをわんさか使っておりますね。

原曲メロディに比較的忠実なピアノラインと、それに被さるいやらしいシンセがメインという感じでしょうか。

途中のブレイク部分で逸脱した展開を見せつけるんですが、この部分のこだわりが意外と頑張っているのです。
単なる超展開と思いきや、しっかり計算されたテンポの落とし方で、そこまでしたけど結局超展開としてしか捉えられないよ、っていう皮肉です。

そして元の曲調へ戻ってくる部分での3連符と16ビートの入り乱れとフィルの数々、
というポリリズミックな雰囲気は今の私には作り得ない世界かもしれないです。

更に終わり方も非常に・・・いや非情にアグレッシヴですねえ。
イーマイナーメジャーセヴン!という謎のコードで終わっております。マイナーなの?メジャーなの?って。
このコードの解説は省きますが、しかし当時の私は何を描いていたのかちょっと思い出せませんね。

という感じで、実にKNHEZiXYTH然とした楽曲を生み出せたことを当時は満足していたように思います。
へへへ・・・。

終わりです。



いやね・・・、早くもこの今コメ企画、ちょっと暗礁に乗り上げている気がします。
もっと皆様に理解できるようなコメントをしたかったのですが・・・、ちょっとマニアックな内容になりすぎたきらいがあります。

とりわけインスト楽曲だとこうなってしまうのかもしれないですね。
と、いうことで、第二回(あるのかな?)ではウタモノを取り扱ってみようかと思います。

どれにしようかねえ。


それでは、KNHEZiXYTHでした。

(☞ ՞ਊ ՞)☞ 何卒 ☜( ՞ਊ ՞ ☜)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://riverside9.blog45.fc2.com/tb.php/621-f6f0b4b1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

 

最新トラックバック

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。