Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://riverside9.blog45.fc2.com/tb.php/680-5037d3f2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Todestrieb

こんにちわ。

KNHEZiXYTH as SACRED TRANCEです。
それはそれは傲慢です。

Rche可愛いなあ。Rche。マジ山羊。

学生時代の私の想い出の品BEST5に間違いなくノミネートされるものがTTM(担々麺)ですね。
それはもう毎日食べまくっておりました。

つまりTTM=人生の断片くらいの雰囲気を持ち合わせております。
いかがなものか。


今コメやりましょうか。
ちょうど10回目(多分)です。

「燐火」
Gran Magna収録です。
原曲は「東方地霊殿」より「死体旅行 ~ Be of good cheer! 」

凛なる燐な感じの楽曲ですねえ。

アレンジはOusa'n bassから続くドラムンベース系統です。
シンセの割合が少なくなって、ちょっとアコースティックな音色が目立ちますね。

DNB路線はこの後「婁」へ続き、一時終焉を迎えるのですが、それはまた別のお話です。

原曲のメロディ自体がキャッチーで、もっとそれを強調したアレンジにしようかとも考えましたが、
気付いたらこんなややこしいカタチになっていた記憶があります。

今久しぶりに聴き返しているのですが・・・リズムパターンの変化がすごいですね。
ドラムンベースっぽい部分なんてメインの部分だけですこれ。なんだこれ。

音楽を続けるごとに、作曲のノウハウとかを体得して、日々効率化とともに研鑽されていくのですが、
こういう奇抜すぎる展開を思いつく発想力とかは薄れていっているような気もします。

良い意味でも悪い意味でも変に尖っていた時代です。
KNHEZiXYTH楽曲で一番ぶっ飛んでる楽曲だと思います、またこれも良い意味でも悪い意味でも。

そんな燐火です。
トラベルしてますね。

なんか大して触れてなかった気がするのですが、お手元にある方は是非今一度聴いてみて下さい。
変なアレンジです。

そしてそう。
ホットスナック()が食べたくなりました。


なにとぞ♡

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://riverside9.blog45.fc2.com/tb.php/680-5037d3f2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

 

最新トラックバック

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。